まことのブログ

日本は先祖代々の日本人のもの

都知事選と桜井誠氏 H28.8.1

f:id:makoto261025kun:20160801115038j:plain

 

www3.nhk.or.jp

f:id:makoto261025kun:20160801115059j:plain

2016年東京都知事選挙 - Wikipedia

 

東京都知事選挙は、小池百合子候補の圧勝で幕を閉じたが、私が支持した桜井誠候補は十一万票を獲得して第五位であった。支持したといっても都民ではない気楽さによるもので、都民ならば鳥越候補当選阻止を優先し、小池候補に投票したかもしれないが。終わってしまえばそうだろうなという結果だが、第四位の上杉 隆候補のように鳥越候補に問題があって流れてきた濡れ手に粟の票とは異なり、明らかに桜井氏の主張を支持した上での投票であり残念に思う必要はない。

 

 

f:id:makoto261025kun:20160801120603j:plain

2014年東京都知事選挙 - Wikipedia

f:id:makoto261025kun:20160801120552j:plain

前回の田母神俊雄氏への得票は、前知事で、圧倒的人気を誇った石原慎太郎氏(デヴィ夫人や保守派言論人の支持がどれだけ効果があったかは分らないが)の応援によるものも少なくなかったはずだ。それに舛添要一氏とは異なり、小池候補は一応保守派だと認識されていたし、支持層が被ってもいたのだ。

www.sankei.com

今回の選挙で思うのは、外国人問題に対して国民はまだ危機意識を持っていないのだなという事。「黒船」が見えていない。ヨーロッパのようになってからではおそいのだが。まだ自民党が信用されているのだなとも思う。今回、小池候補に投票した都民は別に自民党を嫌がったわけではないだろう。小池候補自民党から立候補しても当選しただろう。

自民党が対応できないと認識された時、自民党体制は終了する。今回の自民党の失敗は利益誘導型政治家と保守思想が全く分らないリベラル被れ(おそらく欧米の保守思想とされるものには被れているとは思うが)のボンボンがやらかしたものであって、安倍首相の失態ではない。分っててわざと失敗させたかのようにも見える。うちの地元の政治家も利益誘導型であって、彼らが日本人である場合はまだいいのだろうが、愛国意識のないものがそこで力を持てばおかしな方向に進む。金と権力があるとこにはおかしなものも寄ってくるのである。

 

桜井候補の存在と主張は都民というか国民にどれだけ認知されただろう。問題はそこだ。主張する中身を見て青山繁晴氏、百田尚樹氏、ブロガーの坂真氏等が評価したが、これは大きい。私も含めて国民の多くは「政治活動家」を胡散臭い者としか認識していない。保守系というか右翼系ならば闇社会との繋がりも懸念材料となる。極右なら、ナチス崇拝の可能性もあり、君子危うきに近寄らずじゃないが、警戒しようとするのだ。

桜井氏の今後の活動も注目している。

f:id:makoto261025kun:20160801172901j:plain

twitter.com

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

広告を非表示にする