読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まことのブログ

日本は先祖代々の日本人のもの

世間知らずのナイーブさ H28.8.6

www.jiji.com

自殺した男子学生の遺族の気持ちは察するけれども、これは自殺した学生がナイーブ過ぎると評さざるを得ない。自殺したのが中高生ならば私はここにも書かないだろうし、何も言わない、が、学生は二十五歳で、法律家志望だったのだから書かざるを得ない。書かずにはおれない。その種の傾向を持つ少年少女に逆に生き方の手本を示さなければならない立場の人だろうとも思うからだ。

勿論、この学生の事を暴露した友人もよくない。中高生ならば多少は擁護はするが、この友人の場合はしない。この友人がまともな精神の持ち主ならば一生罪悪感を抱いて生きていく事になるだろうから、敢えて咎める必要もなかろうかと思うが。そしてお気付きだろう。愛した男をその様に一生苦しめる事をやらかした学生をナイーブ過ぎると咎める私の真意を。

 

この文章で同性愛者の恋愛を私が悲劇として描こうとしているように思う人もいるかもしれないが、それは正反対。全く違う。

f:id:makoto261025kun:20160806114752j:plain

(神保悟志演じる大河内春樹管理官)

 

 刑事ドラマ「相棒」の登場人物、大河内春樹管理官は同性愛者であるが、彼の同性愛をドラマ内で悲劇として描こうとしたが、失敗した。喜劇と言うか下手なコントにしか見えない。失笑してしまう。真面目に描こうとすればする程そうなる。制作陣はどう思っているのだろう?あれを失敗と思わないならどうかしている。

このドラマを見て同性愛者の恋愛は悲劇として描けないのではないかと思ったが、皆さんはどう思われるか?少なくとも私はそう思っている。

ふつうの恋愛劇を悲劇として描こうとするならば美男美女でなければ成立しない。相棒でも男前の夫が太ってしまった己が妻に対しての愛を悲劇として描こうとして失敗している。同性愛は美男同士でも悲劇にはならない。悲劇としては描けない。美女同士でもそうだ。相棒の制作陣も悟ったのか大河内管理官の設定は長い事放置されている。恋愛劇は悲劇として描くには美男美女でなければならないという事は、人間劇の題材としては二流三流の題材でしかない事を意味する。即ち恋愛とは、人間にとってそれ程重要なものではないと言う事を意味する。

現代は恋愛至上主義、恋愛狂時代の様にも見えるが、一生を一人の夫、妻と添い遂げる事がそれ程褒め讃えられてはいない。どちらかというと恋愛経験豊富な方が良い様な空気が強い。人々は知っている。恋愛感情は長い時間を経ると(人によってはあっと言う間に)消滅してしまう事を。だから恋愛経験豊富な人が羨ましがられる傾向があるのだろう。

飼ってた犬が死んだ時余りにも悲しかったからもう二度とペットは飼わないと言った人がいたが、さすがにそういうペットよりも上だろうが(これは建前である)、血縁の家族には及ばない。ならば見合い結婚、親の決めた人と結婚しても何ら問題ないだろうが、現代は恋愛至上主義の時代、恋愛狂時代だから仕方ない。皆がスマホを持ってるならスマホを持たねばならない。それはちょっと皮肉が過ぎるだろうけれども、この世の中で最も美しいものの一つが(わざとこの表現を使ってみた)、青春時代の恋なのであり、人はそれに憧れる。

件の自殺した学生をナイーブと評した意味が分って貰えると思うが、彼が自殺したのは彼が思い描いていた美しき恋が毀されたと思ったのだろうと、推測もできる。失恋するにしても彼には何となく思い描いていたものがあったのではないかな。だが、思い描いた様にはならずというパターン。妄想と言ってもいいだろう。失恋を苦にして自殺した人はどれだけいるのか知らないが、ナイーブな人が多いのではないか。

セックスを伴う大人の交際は煩悩としての愛なり、欲望なりが絡んでくるので別な問題となる。例えば強盗殺人犯福田和子を描こうとすれば一流の人間劇が出来上がる。勿論、文才のある人じゃないと書けないのであるが。

f:id:makoto261025kun:20160806165140j:plain

(福田和子)

 

ひょっとして同性愛や性同一性障害の方、または自分の容姿に自信のない方で検索してこちらにこられる方がいるかもしれないから書いて措きたいのだが、恋愛というものはそれ程価値の高いものなのか、客観的に考えて貰いたい。

 

自殺に関しても書こうと思ったがまた別の機会に書こうと思う。上記の事もまだまだ書き足らないが、今回はこれまで。

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

広告を非表示にする