読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まことのブログ

日本は先祖代々の日本人のもの

スポーツ選手の愛国心 H28.8.13

スポーツ 世相 政治・經濟-外國人問題 政治・經濟

rio.yahoo.co.jp

f:id:makoto261025kun:20160813190500p:plain

(↑内村航平選手とスポーツマン精神でも日本国民を感動させたウクライナ代表ベルニャエフ選手)

 

ちょっと遅れてしまったが、これは取り上げないわけにはいかない。これは素直に凄いと思うし、日本人の一人として感動をありがとうと申し上げたい。

 

私がスポーツ選手の事で気になるのは彼らの付き合いに就いてである。彼らはテレビ等のメディアが取り上げる為だろうが、芸能人との交流が結構ある様である。芸能界といえば闇社会との繋がりが気になるところだが、スポーツ選手はその点は大丈夫だろうか?それとメディアといえば左翼傾向が強いから、そっちの方も気になる。

f:id:makoto261025kun:20160813184748j:plain

(↑ピートたけし氏)

 

それと発言をネット上で見つける事は出来なかったのだが、タレントのビートたけし氏が以前、芸人というのはどの様な社会にあっても生きていける強かな一面があると肯定的に言っていたと記憶するのだが(違ってたら謝罪し訂正する)、それは共産党の天下になっても、支那から侵略されて我が国が支那の植民地となっても生きていけるという意味だろうから、甚だ納得のいかぬ思考である。スポーツ選手はどうだろう?

f:id:makoto261025kun:20160813185045j:plain

(↑カンボジアのマラソン代表としてリオ五輪開会式で行進する猫ひろし氏)

www.daily.co.jp

タレントの猫ひろし氏は、カンボジアのマラソン代表としてリオ五輪に出場したが、カンボジアに対して愛国心があると言ってもそれを信ずる程私達は愚かではない。ふざけてはいけない。猫ひろし氏は出場を辞退し、生粋のカンボジア人に代表の座を譲るべきであった。日本代表についてもそうだが、外国出身者が多くなればしらけてしまうから私はそうなれば観なくなるだろう。

広告を非表示にする