読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まことのブログ

日本は先祖代々の日本人のもの

いつまで続く欧米崇拝 H28.8.17

世相 世界-歐米 政治・經濟-日本の問題點 政治・經濟 世界

grapee.jp

matome.naver.jp

私が嫌いなものの筆頭が刺青。「反日」が筆頭じゃないのかって?ならば、最も嫌いなものの一つとでも言い直そうか。でもこの表現も嫌いだな。こういう場合、日本語だとどう表現すべきだろう?嫌いで堪らないものの一つとでもいうべきかな。ならばそう言い直す事にする。

f:id:makoto261025kun:20160817172336j:plain

(↑刺青を彫って貰っているシルベスター・スタローン氏)

 

映画「ロッキー2」(S54)でシルベスター・スタローン氏扮するロッキー・バルボアは生まれてくる息子を刺青を入れる様なゴロツキにはしないと固く誓っていたが、いつ入れたか知らないが本格的な刺青を入れている。おいおい。

リオ五輪でも刺青をひけらかす外国人選手は少なくないけれども、日本人選手もそんなのが増えたら私は観戦を止める。うちの田舎でも時々目にする。馬鹿野郎と思う。

 

f:id:makoto261025kun:20160817163931j:plain

(↑片岡千恵蔵の遠山の金さん)

f:id:makoto261025kun:20160817163641j:plain

(↑歴代の遠山の金さん)

f:id:makoto261025kun:20160817174747j:plain

(↑「江戸を斬る」の遠山金四郎)

 

www.tbs.co.jp

日本人は刺青を嫌う人が多い。しかし、今の若い人の中には知らない人も少なくないと思うが、「この桜吹雪、散らせるもんなら散らしてみろぃ!」でお馴染みの時代劇「遠山の金さん」の人気は高い。人気は高いがそれで桜吹雪の刺青を入れる「堅気」はいない。劇中、金さんは遊び人の設定で、刺青は「堅気」が入れるものではないと視聴者は知っているのだ。

f:id:makoto261025kun:20160817165245j:plain

(↑江戸時代に罪人が入れられた刺青の例)

 

江戸時代は罪人が入れられてもいたし。または金さんの様な特別な人が入れるものなのだ。

 

日本の刺青と英国王室 〔明治期から第一次世界大戦まで〕

日本の刺青と英国王室 〔明治期から第一次世界大戦まで〕

 

 イギリス王室で日本の刺青が流行っていたというのは驚きだが、今の欧米での流行も同じ様な感性で流行っているのだろうと思う。そして我が国で流行ってしまうのは欧米への憧れがまだまだあるからなのだろう。

matome.naver.jp

matome.naver.jp

我が国の刺青ブームが終わるには欧米での流行が終わる必要があるだろう。ロナウド選手みたいな人が増えたらいいんだろうけど、情けない話である。

 

広告を非表示にする