まことのブログ

日本は先祖代々の日本人のもの

政治家(責任のある人)は悪魔との契約が必要 H28.8.27

↓クリックして頂けると励みになります。

保守 にほんブログ村へ 

 

認知判断の難しさ

日本みつばちさんから以下の様なコメントというかアドバイスを頂いた。

makoto261025kun.hateblo.jp

日本みつばち

はじめまして
政治ブログを毎日読んでいる、ごく当たり前に我が国を愛している者です。
近頃お見かけする「まことのブログ」さんって、どういうのかな?と来てみました。

私はブログ等の発信をしておらず、ひょっとしてお手間が掛かるのかも知れませんが、ひとつお願いがあります。
クリックして応援したいので、ランキングの為にクリックするボタン(?)を、ページの上の方に表示して頂きたいのです。

 

 日本みつばちさん、アドバイスありがとうございます。早速その様に設定する事にしました。

www.blogmura.com

blog.with2.net

私は、「にほんブログ村」と「人気ブログランキング」に参加しているが、改めてランキング上位の人気ブログを確認してみたが、殆どの方が記事より上にロゴを貼っていた。

 

f:id:makoto261025kun:20160827205607j:plain

ブログ集

 

 私はブログ集を作ってそこに取り上げてるブログを全部ではないが、ほぼ毎日チェックしているが、ロゴを貼っているのは分ってはいるが、その場所となるとあやふやな記憶しかなかった。

私はテレビの視聴はCMが嫌いなのでリアルタイムで観る事は殆どなく、録画したものを観ているのだが、その際は当然ながらCMは飛ばして観る事はない。インターネットも商売になる様だから広告が増えてしまったが私はほぼ観ない様にしているので、それが習い性となってブログランキングのロゴなどもいつの頃からか自然に記憶に残らないように除外するようになっていた様である。車の運転に慣れてしまうと、いつも行き慣れた道ならば何か考え事をしている間にその間の記憶が全くない状態で目的地に到着したという経験は誰もが何度もしている事と思う。小脳にモデルができたという状態とかいうらしいが、今回は生物学的には正しくはどういう状態というべきかまでは確認はしない。

但し、これは必ずしもよい事ではない。物を考えながら運転していると、トンネル通過時に点けたライトを通過後に消すのを忘れてしまう事はよくある事だ。私はそれで一度バッテリーを上げてしまった事がある。他にも物を考えながら運転すると道を間違える事も少なくない。車の運転だけではない。物を考えながらだと倉庫のシャツターを閉めたかどうかも忘れてしまう事もある。閉めたかどうか確認の為にもう一度倉庫に行って閉ってた時の馬鹿馬鹿しさといったらない。少なくとも私はバスやタクシーの運転手は勤まらないかもしれない。慣れてしまうまではいいかもしれない。業務に集中しないと仕事を完遂できないからだ。でも慣れてしまったらしまったで上記の様な問題が発生する。

 

f:id:makoto261025kun:20160827222747j:plain

(↑AとBの枡は同じ色だが、確認しても同じ色には見えない。人間の目は当てにできない)

 

だが、正しい認知判断能力があれば立派な人間というわけではない

常に正しい認知判断を下す事は難しい。錯覚、慣れ、思い込み、勘違い、誤解、主張をちゃんと聞かない、まあ、ちゃんと主張を聞いも、状況を正しく見たとしても能力が低くければ正しい判断ができないというパターンもあるわけだが。関心が低い、というのもあるだろう。そして、憎悪、更に言えば盲目の愛(仏教における煩悩の一種としての愛)。正しい認知判断を奪う要素は多種多様。

 

f:id:makoto261025kun:20160827223918j:plain

(↑保守派でなくても「能力」のある人間は自民党から立候補する。野党に所属しても利が少ない事を知っているからだ)

 

news.livedoor.com

二階俊博氏は「やり手」である。「やり手」だから自民党から立候補し、幹事長までなった。理想の日本の実現しようと思っているわけではない。当然保守派でもない。野中広務氏や金丸信と同じである。利益誘導という「必勝法」を利用し成り上がった。橋下徹氏やホリエモンも似たようなものだ。皇室不要論者の癖に自民党から立候補しようとする。野党から立候補しても何もできない事が分っているからである。民進党が無能の集団の理由は明らかだ。建前論だけで世の中は渡れない。

尊敬できない人間でも学ぶべきものはある

二階俊博氏他やホリエモン橋下徹氏が私は大嫌いであるが、「やり手」である事は間違いない。「やり手」だから学ぶべきものがある。政治には妥協が必要だし、時には悪魔と契約もすべきであろう。伯夷叔斉のごとき行き方もまた理想とは言い難い。

 

広告を非表示にする